校長コラム:2学期終業式にあたって
カテゴリ : 校長コラム|投稿日 : 2015年12月21日

20151221_IGP6357

 

今日は12月21日。今年も後10日程になりました。
年末・年始は、クリスマス、お正月、初詣、お年玉等々、気分が浮かれやすい時期です。

 

しかし、一年を締めくくり、来年の事を考える節目の時期でもあります。
特に、進路が決定している3年生は、新しい環境の中でどう過ごすのか、
心の準備を含め新しい生活の準備ができているのか、ゆっくりと考える機会にしてほしいと思います。
1・2年生についても、来年は自分の将来のことを見据え、どのような進路を選ぶのが良いか真剣に考えてみてください。

 

第二学期が終了します。
第二学期は、体育大会・柏高祭、校外学習やキャリアに関する行事等、多様な取り組みがありました。
体育大会。綱引きは単純な競技ですが、渾身の力で引き合い、見ていて楽しく溌剌感がありとても印象的でした。
柏高祭での「柏1GP」 林先生のパフォーマンスには驚かされました。
また美術部員の切り絵の作品には感嘆の声が上がっていました。

 

天候もうまく巡り合い、雨が降らすに済みました。
生徒のみなさんは自分の力を出し切りとてもよく頑張っていたと思います。
また、二学期は進路決定の時期でもありました。特に就職では、
「トヨタ自動車」「新日鐵住金」「近畿日本鉄道」「阪急電鉄」等の大手企業から
Only-Oneを誇る中小の企業まで幅広く内定をいただき、ほぼ100%の内定率となっています。

 

一方で、進路指導部では、合格のハードルが徐々に上がっているように捉えており、
特に基礎学力とコミュニケーション能力が求められているとのことです。
これらの力がより向上していれば、もっと楽に内定がもらえたのではと思われます。
来年度はこの課題に焦点をあて取り組んでいきたいと思っています。

 

残念なことですが、これまでに様々な事情で退学した生徒の数は、1年で4名。
全体では18名です。今後一人として留年・退学することなく、このままの状態で進級することを願っています。
欠課時数や欠点で単位が取得できない人はいませんか。

 

担任や教科担任の先生の指導を十分聞き、全員が進級・卒業できるようにしてもらいたいものです。
これから、2週間ほどの冬休みに入ります。特に強化部の生徒諸君は、部活動でゆっくりとできないかもわかりません。

 

しかし、この冬休みを一度立ち止まり自分を考えてみる機会にしてみてはいかがでしょうか。
第三学期の始業式は1月6日です。
休み中、事故・事件に巻き込まれないように注意し、
全員が来年6日の始業式を元気な姿で迎えられるようにしてください。