人間学 危険ドラッグとSNS
カテゴリ : スクールライフ ,お知らせ|投稿日 : 2016年2月2日

1年生の人間学で情報管理部から2週間に渡って講演していただきました。

 
20160125_IGP7086

 
1週めは危険ドラッグについて。

 
近頃は実験的な薬物も増え、予測できない作用により

死に至る場合もあるなど、実際にあった事件が紹介され

その危険性を学びました。

 

2週めはSNSについて。

 

20160201_IGP7248

 

バイトテロや生徒による投稿、LINEでの揉め事から

高校生同士の殺人事件に発展した事例などが紹介され、

問題になりそうなものや、他人のトラブルを煽るような

書き込みをしないことが強調されました。

 

20160201_IGP7267

 

やれば誰にでもできる、悪いことや危険なことはしてはいけない。と

繰り返すだけでなく、Vineでの面白動画など、

努力や工夫、アイデアなどで勝負しているものも紹介され

便利に楽しく平和に使ってもらいたいというメッセージもありました。

 

20160201_IGP7269

 

実際にtwitterで「柏原高校」と検索した結果が、前の画面に映され

次々にクリックされていった時、どんな気持ちになったでしょうか。

 

書き込む前に、誰にでも見せられるものであるのかどうか、

考える癖をつけたいですね。